2020/06/15

Hondaウエルカムプラザ青山 リニューアルレポート

  1. HOME
  2. イベントレポート
  3. Hondaウエルカムプラザ青山 リニューアルレポート
Honda ウエルカムプラザ青山は開かれた憩いの場として、1985年8月19日にオープンしました。
2020年1月18日、その憩いは変わらず、より開放的で居心地の良い空間へとリニューアルしました。
その直後から新型コロナウイルスが世界的に広がり、その影響から長らく休館が続いていましたが、2020年6月より営業が再開されました。

外観

2020年1月にリニューアルしたウエルカムプラザ青山。その後コロナウイルス流行の影響で長らく休館となっていましたが再オープンしたので見に行ってきました。内外装はウッドデザインが多用され、ガラリとイメージが変わりました。ちょっとおしゃれなカフェのよう。

ワイガヤの木

正面エントランスから入るとまず目に入るのが「ワイガヤの木」。Hondaでは昔から役職や年齢を超えて話し合う「ワイガヤ」の文化があり、それを世界中の植物で体現したオブジェとなっています。もちろんみんな生きている植物なので、花が咲いたり、新芽が出ていたりと、訪れるたびに違った表情を見せてくれると思います。
「ワイガヤの木」の場所はもともとインフォメーションカウンターがありましたが、奥の壁際スペースへ移転していました。ここで「宗一郎の水」を頂きました(無料)。
ビルの地下に、樹齢200年以上のカナダ産米ヒバを使った70トンの大樽があり、ヒバ樽に貯水することでまろやかで美味しい水になるとのことです。
「みんなに美味しい水を飲んで欲しい」という本田宗一郎の想いから、このビルの飲料水は全てこのヒバ樽を通しているそうです。また、災害時には地域の飲料水としても活用されるとのことです。

カフェコーナー

エントランス左側には「MILES Honda Cafe」が併設されています。 世界中のレース開催国にちなんだサンドウィッチ(休止中 ※2020年6月現在)、ドリンク、ケーキ等が提供されます。(コロナ禍のためテイクアウトのみとなっているのが残念です・・・ ※2020年6月現在)
カウンターの椅子はみんなHONDAロゴ入り。一番右の一脚はモンキーのシートが使われていました。なんとサスペンションも付いています。手で押したぐらいではビクともしませんでしたけど。

テーブルスペース

「MILES Honda Cafe」の手前には大きなテーブルスペース。館内には他にもテーブルが設置されており、休憩できるスペースとなっています。各テーブルにはポータブルAC充電器「Lib-AID E500」が設置されており、パソコンやスマートフォンに給電しながらくつろげる様になっていました。(テーブルの使用は休止中 ※2020年6月現在)

販売コーナー

販売コーナーは幅広い品揃えとなっていて、ウエア、プラモ、ミニカー、自転車、国内各工場のカレーうどんの素(気になる!)など以前よりも点数を充実させています。

展示スペース

製品の展示ももちろんあります。この日はアコード、フィット、CT125、ADV150、Rebel500、SuperCub C125、CBR1000RR-R FIREBLADE SPが展示されていました。また館内中央にはF1マシン・Aston Martin RedBull Racing RB14が展示されていました。最新の製品を間近で見れるのはやはりここならではです。また、ツインリンクもてぎのホンダコレクションホールから出張展示で1953年(昭和28年)製のホンダドリーム3E型も展示されていました。

木人(こびと)

館内をうろうろしていると、いたるところに木で作られた可愛らしい人形があることに気がつきました。よく見たら外の植え込みにもいました。彼らはツインリンクもてぎの森の中にいる「木人(こびと)」の仲間たちです。よく見るとそれぞれ違った表情をしていますね。
これまでのウエルカムプラザ青山はどちらかというとクールなイメージでしたが、このリニューアルにより暖かみのある癒しのスペースとなりました。Hondaの製品と自然を思わせる館内という調和は、Hondaという企業が目指している方向性を示している様にも感じました。
この記事をシェアする

NEW ARTICLES
新着記事

ご利用の環境はサポートされていません。

Hondanet(ホンダネット)では、ご利用中のブラウザ Internet Explorerはサポートされていません。

以下のブラウザからご利用ください。