Honda Cars 佐賀 採用情報

INTERVIEW

先輩社員に聞く

Honda Cars 佐賀 サービススタッフ
中山 心
SHIN NAKAYAMA
2014年4月入社

何故Honda Cars 佐賀に入社したのですか?

佐賀県生まれで大学は北九州でした。それで福岡あたりで就職しようと思って就活をしていたのですが、説明会でHonda Cars 佐賀をみて「この会社、楽しそうだな」って思ったんですね。それで選考をしてもらって、他の会社よりも早くいちばん最初に内定をいただきました。実は最初内定をいただいたときに「ここで就活を終えないか」とも言われたんです。けれどそれを「いやです」と断ったんですよね(笑)。それなのにHonda Cars 佐賀は「わかった、待とう」とそれを認めてくれた。内定を早く出すのって他の会社に行かれないようにだと思うんですけど、内定後も就活を普通に認めてくれたのは良い会社だなと思いましたね。他に色々会社を見て回って内定もいくつかいただいたんですけれど、そういう器の広さも含めてこの会社が一番いいなと思ったので入社を決めました。

サービススタッフとして入社したのですか?

実はもともと営業として入社したんです。そしたら少し経ったときに、「来月から唐津店でサービススタッフね」と言われて、サービススタッフになりました(笑)。正直に言って、最初は絶望でしたね。「最悪だ〜」って感じでした。なんせ当時は自動車免許こそ持っていますけれど、ボンネットさえ自分で開けたこともないくらいだったので。

特につらかったことは?

サービススタッフになって最初は、自分が何がわからないのかもわからない。でもお給料をもらって働く以上、なにかしないといけない。だけど何からしたらいいのかわからない、とどうしたらいいかわからず落ち込みました。ただ、同僚のスタッフみんなから声をかけてもらったり、助けてくれたりしてくれたので段々とモチベーションを上げていくことができました。今は、わからないことにも積極的に手を付けてみることを意識的にできるようになりました。他の人に迷惑を掛けながらですけれど、できないかも知れなくてもやってみる、って意識です。

仕事で楽しいと思うことはなんですか?

最初はあんなに嫌だった整備の仕事なんですけど、今では営業よりもサービスをやりたいと思えるくらいになりました。洗車から始めて段々と簡単な点検をやらせていただき、8カ月くらいで車検もさせてもらうようになりました。なんとなくクルマのことがわかるようになってきて、そうなってくると楽しくなってきます。特に整備士資格が大きいですね。覚えた実感とかやりがいがでてくるとすごく楽しくなります。それと、お客様が僕を訪ねて来店してきてくださった時はすごくうれしいです。お客様の話をしっかりと聞いて、何を一番に求めているのかを考えること。お客様との約束をしっかり守ること。そういったことをしっかりやってお客様の不安を解消できた実感を持てたときは最高にうれしいです。

Honda車の魅力は?

一時、リコールが話題になった時期がありましたよね。でも、リコールはそう悪いことではないと思うんです。もちろんお客様にご迷惑を掛けてしまうことではありますが、「悪い可能性がある」ことを正直に言って直すことは、真摯なことでもあると思います。また、同じ走行距離で比較したときに、他メーカーに比べて抜群に走りが良いと思います。整備もしやすいですし、エンジンも安定している。乗ってみたりしてわかる魅力が大きいと思います。

どんな人に入社してほしいですか?

素直な子が向いていると思います。うちはどんな人でも受け入れる社風があるので、お互いに素直になれる環境はあるとは思っています。そのなかで、どんどん素直にチャレンジできる人がいいのではないかと。もちろん意思は聴いて尊重してくれる会社なのですが、やってみて初めて分かることもたくさんあるのでそういったチャレンジができる人は楽しいんじゃないかと思います。