ホンダのことならホンダネット
 
ホンダネットは本田技研工業(株)が運営するサイトではありません
ホンダ公式サイト
トップページ
新車ナビ

新車ナビ
ストリーム
ホンダ公式サイト
レポート(その1)
レポート(その2)
オーナーサイト

ホンダネット新車ナビストリームファーストインプレッション【レポートその1】

ストリーム ストリームSTREAM
ファーストインプレッション【その1】
発表当日にウェルカムプラザ青山に展示されたストリームをレポートします。
Photo: 2006年7月13日
Report:2006年7月14日

■新型ストリーム ファーストインプレッション
| レポート1 | レポート2 |
※グレードによっては下記でご紹介している装備が設定されていないことがありますのでご注意下さい!

今日7月13日は新型ストリームの発表日。
この「新車」ナビでも取り上げた初代ストリームの発売から6年半、途中大きなマイナーチェンジを経てついにフルモデルチェンジとなった新型ストリーム発表会の様子をレポートします。

 

くもり空から一転、炎天下の青山ウェルカムプラザでは新型ストリーム発表の垂れ幕が下がっていました。

入口付近の柱でも新型ストリームの発表がPRされています。 ターンテーブル上で公開を待つ新型ストリーム。  
公開前のショールーム。カバーをかけられた5台の新型ストリームと共に、なぜか洋服がディスプレイされています。 ここにも・・・。 ここにも。 イタリアのカジュアルブランド「GAS」とのコラボが行われるそうです。

そして12時30分にいよいよ新型ストリームのお披露目です。
ターンテーブル上の新型ストリームが姿を現し、プレゼンテーションが始まります。
7シーターの新たな潮流として、あらゆる面で進化を遂げた新型ストリーム、今回はフルモデルチェンジということもあってまず大きく変化したのがそのスタイリング。初代はプラットフォームがシビックベースだったのですが、今回は完全に専用の新設計。 そのこだわりがもたらす走りの性能、快適性能がアピールされていました。
ウェルカムプラザでの新車発表では恒例となったASIMOによるオープニング。 ステージの照明が落とされ、いよいよ新型ストリームが公開の時を待ちます。 プレゼンテーションが始まり、新型ストリームの特徴が次々に紹介されていきます。 どの方向から見ても、ストリームの進化ぶりが見て取れます。

今回はイタリアのカジュアルブランド「GAS」とのコラボレーションもあり、「ストリームに似合うファッション」がクルマと一緒に展示されていました。カジュアルからコンフォートまで、どんなファッションでも受け入れてくれるクルマですよね。
   
       

今回は室内に5台、屋外に2台が展示されていました。グレードは1.8Lの標準グレードであるX、2.0Lの標準モデルのG、1.8L/2.0LそれぞれのRSZの四種類がありますが、ざっと見回してもXとGの違いや、RSZでも1.8Lと2.0Lの違いがまったく見分けられませんでした。

RSZの外観上の違いは専用グリル、フォグライト、サイドシルガーニッシュ、17インチタイヤ&ホイール、ダーククロームメッキドアハンドルといった具合ですが、さらにパドルシフト採用のステアリング(インテリア編にて紹介)、専用チューニングのサスペンションやスタビライザーが装備されるそうです。
 

クルマのスタイリングでもっとも特徴的な「顔」、 クルマの顔つきのデザインにも世代によっての共通したアイデンティティがあるようで、初代ストリームの頃はシビックやS−MXなどの「縦に大きなヘッドライト」が主流でしたが、ここ最近のHonda車はスポーティでエッジの効いたシャープなデザインが用いられるように思います。
オデッセイやステップワゴンの流れを彷彿させるデザインでありながら、しっかり煮詰められたそのスタイリングは「精悍」という表現がピッタリの顔つきとなっています。
モチーフはオデッセイの「ブラックパンサー」に対し「シルバーウルフ」だそうです。
標準モデルのX、Gに対しスポーツモデルのRSZはグリルが専用デザインとなっていてますます精悍さを増しています。
今回のモデルチェンジでもリヤクオーターウインドウのラインや、逆U字型でこそないもののルーフからテールゲート下端までを占めるほどの巨大なテールランプはストリームであることのデザイン上の大きな特徴として、リヤクオーターのラインはよりシャープな形として、テールランプは縦により大きなサイズになって受け継がれていました。
 
標準モデルでは3枚板のグリル。なんとなくオデッセイの面影が感じられます。 RSZではハニカム模様の精悍なグリルと専用エンブレムが付きます。 横から見るとヘッドライトのラインはちょっとアコードの印象にも近いかも  
ヘッドライトの両端はウインカーのために盛り上がっています。 この出っ張り部分は複雑な面となっています。 切れ長のヘッドライト、大径のホイールがかっこいいです。 フロントウインドウはスポーツカーのように寝た角度となっています。
RSZではサイドガーニッシュも標準装備 先代ストリームの特徴ともいえるリヤクオーター、縦長の巨大なテールランプが継承されています。 RSZはテールゲートにも専用のエンブレムがつきます。 RSZには205/55-17のタイヤを装備


新型ストリームでは1.8Lと2.0Lのi-VTECエンジンを搭載。1.8Lのエンジンはシビックに搭載されているものと同様のR18A,2.0Lはそれをベースにストロークをアップした新開発のR20Aが搭載されていますが、エンジンルームを覗いたぶんにはどっちがどっちだかまったく判別できませんでした。下の写真、見分け付きます?
それにいても本当にコンパクトなエンジンです。
最近の車はキャビンフォワードが当たり前でエンジンルームは小さくなる一方なのに、そのエンジンルームにあってさえまだ空間に余裕があります。
   
2.0RSZのエンジン 1.8Xのエンジン    

>> レポート1 【新型ストリーム・エクステリア編】
>> レポート2 【新型ストリーム・インテリア編】



| レポート1 | レポート2 |
■新型ストリーム ファーストインプレッション


Copyright (C) 2017 HONDANET All Rights Reserved.
ホンダネットは本田技研工業(株)が運営するサイトではありません