ホンダのことならホンダネット
 
ホンダネットは本田技研工業(株)が運営するサイトではありません
ホンダ公式サイト
トップページ
新車ナビ


ホンダネット新車ナビステップワゴン

ステップワゴン【STEPWGN】/ステップワゴン スパーダ【STEPWGN SPADA】
排気量2,000cc
乗車定員8名
車両価格208.8万円〜(消費税込)
※価格はメーカー希望小売価格(消費税込)で参考価格です。
販売価格は各Honda販売店が独自に定めておりますので、詳しくは各Honda販売会社にお問い合わせください。

Honda公式サイト
2009/10/9 発表・発売

※タイプによっては紹介した装備と異なる場合があります。ご了承ください。

■レポート

●1996年5月に初代が発売され、2001年4月に2代目、2005年5月に3代目と続き、2008年8月には国内累計販売台数100万台と、Hondaのミニバンの代表的なモデルであるステップワゴン2009年10月、4代目にフルモデルチェンジをしました。

●いつものように発表当日のウエルカムプラザ青山に行くと様子が違います。
なんと「臨時休業」の立て看板が。
どうやら、いつもは赤坂のホテルで行なわれている新車発表会を本社2階にて行なうことにしたようで、本日は一般のお客様は立ち入れない状態となっておりました。
というわけで、いつもと勝手が違いますが今回は青山のHonda本社で行なわれました新車発表会の様子をレポートします。

●受付を済ませ会場に入ると、薄暗いステージの照明の中にプレミアムホワイトパールのステップワゴンが置かれていました。

やがて新車発表会が始まり、伊藤社長、開発責任者の小西真さんの挨拶の後各開発担当者のインタビュー映像が流されました。内容はかなり興味深いものですので追って紹介していきます。
その後国内販売担当の方のお話によりますと月販6000台を目標としているとのこと、CMキャラクターとして「日本一の家族」の象徴であるウルトラマンファミリーを起用したということで、明日からTV放映されるCMを先行して流していましたが、何パターンかあってこれは実際の放映が楽しみです!

●新車発表会の後は1Fのウエルカムプラザを使用した実車確認の時間となりましたが、 1Fに降りるのにも時間がかかりそうでしたので、壇上の車両をチェック。

室内で暗いということもあってなかなか色合いがうまく撮れませんが、「ヒダマリアイボリーパール」という、日だまりをイメージしたやわらかく暖かな色です。

時間もあまりないので1Fに降りますと、一般の方をシャットアウトしているにも関わらずものすごい人数です!
普段のウエルカムプラザでの発表会ではコンパニオンの方が説明したりするのですが、今回はなんと、ウルトラマンが3列目シートを畳んだりしてくれてます!


●なかなか人が減らないのですが、隙を見てやっとクルマが撮れました。

この色は「アオゾラブルー・メタリック」という、色の由来が直球で判りやすい名前ですね。
先ほどの「ヒダマリアイボリー・パール」と共に新しいステップワゴンの象徴的な新色です。

●ライトの形が象徴的ですが、これはエクステリアデザイン担当の方のインタビュー映像によると、大きな箱を意識したフォルムでありながら四隅をカットして回転半径を小さく工夫したところ、前から見た時に小さく見えてしまうため横一文字の広いグリルと組み合わせた結果このような形になっているそうです。

ズバッとカットされたフォルムですので、見る角度によってフロントマスクの印象は大きく変わりますね。

●ステップワゴンでまた新しい機能だなと思ったのがミラーです。背の高いミニバンですのでどうしても左前輪あたりには死角が生じてしまうのですが、それを解消するために「サイドビューサポートミラー」が左の三角窓の先端部分に設けられていました。

これは左のドアミラーの内側に設けられた湾曲ミラーと室内のミラーによって、従来の死角となっていた部分の視界をサポートするものです。そういえばオデッセイでは4個の魚眼レンズのカメラを駆使した「マルチビューカメラシステム」を採用していますが、ステップワゴンでもLiタイプでは同様のシステムが採用されており、それ以外のタイプではこの「サイドビューサポートミラー」が採用されています。

●テール部分のデザインは、リヤバンパー下端からカーブを描いて上がっていく角のラインは2代目を思い起こさせるのですが、テールランプのデザインにより印象は大きく違いますね。

こういったラインのテールランプは今までHond車には見当たりませんでしたので、なかなか新鮮な印象です。

●そういえば真後ろから見てもマフラーの開口部が見当たりません。

いったいどこに・・・・?と思って下から覗き込むとありました!
3列目シートの格納スペースのためにフロアが車幅ギリギリまで広がっていますが、そことバンパーの隙間にかろうじてパイプが見えます。サイレンサー自体はさらに前方、ほとんど後輪の軸の位置にありました。写真では判別できませんが、さらにその前方に燃料タンクが有ります。
これだけのものを収めながら低床を実現しているのですから、3列目シートの床下収納はオデッセイですでにやっていたものの5ナンバーサイズのステップワゴンでは3人掛けシートを収納するのに、開発者の方も映像の中で仰られてましたが車体にかなりの工夫が必要だったというのがこのフロアを見てもよくわかりますね。

●そしてその3列目シートから室内を見てみましょうか。

写真はカットボディ車なので右側に一部骨組みが見えています。
上の写真でも見えている3列目シート収納部分のくぼみが本当に深いです。
8人乗車時でもこの空間はかなり大容量の収納スペースとなりますね。
それでは早速畳んでみましょう。


やり方はオデッセイと同様で背もたれを前に倒し、座面の下にあるハンドルを引きながらストラップでシート全体を引き上げて回転させるだけです。あとはフックを引っ掛けて足の部分を横に倒してフタにするだけです。
先代までは、というかこのタイプのミニバンではほとんど全ての車種で3列目シートは左右に跳ね上げる方式でしたので、収納しても頭上に大きくせり出しており圧迫感がありましたが、床下収納は本当にスッキリとしますね。窓をふさがないので室内も明るいです。

●畳むだけではなく座ってもみましょう。

ミニバンの3列目というと結構ひざから下が窮屈に感じるのですが、ステップワゴンではそんなこともなく足元は余裕が結構あります。
座り心地もしっかりしていて、広々としているので長距離ドライブでも快適なんだろうなと感じさせます。

●二列目シートへ移ります。

ミニバンで一番広さを感じるのは2列目なのだそうですが、実際見てもかなり広いです。
この足元の広さを見れば納得です。
2列目シートはタンブルシートとセンターウォークスルー機能付きのチップアップ&スライドシートがメーカーオプションで選べます。
本日展示されていた車両はほとんどがタンブルシートでしたのでウォークスルーを試すことはできませんでした。

●2列目も畳んでみます。

タンブルシートの場合はシート横にあるレバーか後ろから見て下にあるストラップを引くことでワンアクションでシートが畳んで前方に跳ね上げられます。
2列目も畳んでしまうと広大な空間ができます。
この広さはやはり3列目の床下収納が効いてますね!

●運転席へ行きます。

運転席のドアを開けてまず目に付いたのがメーターコンソールの深さ!
ハンドルからメーターまでのこの奥行きを見てください。
この奥行きによる遠さは、走行中の視界の移動が少なく済む工夫なのだそうです。
それと対照的なのが操作スイッチ等の手が触れる部分の近さ。
この差が奥行きのあるインパネを形づくっており、容量を生かした収納空間をも生み出しています。

そしてステップワゴンにも付きましたECONボタン!
ONにすることでドライブ・バイ・ワイヤにてアクセル開度がよりスムーズな発進・加速となるように制御され、トランスミッションの変速やエアコンの動作も制御することによってより低燃費になる工夫がされています。
ECONボタンがONになっているときは、メーター中央にあるリーフのマークが緑色に点灯します。
また、インサイトでも特徴的だったメーターの色によるコーチング機能がステップワゴンにも装備され、メーター中央部のリング部分がエコドライブの状況に合わせて色が変わるようになっています。


●こちらはスパーダ




グリルやクリアテール、アルミホイール、各エアロパーツにより全く印象が変わりますね。
エアロパーツは見せかけだけの装備ではなくきちんと空気抵抗を減らし高速域での安定感・操縦安定性を追求したものとなっており、重量は増加しているのですが標準モデルに遜色ない燃費性能を引き出しています。
スパーダには専用色が用意され、こちらの色は「コバルトブルーパール」で、アオゾラに比べても随分と深みのある青です。
またスパーダで特徴的な装備としてグリル内にアクセサリーランプが内蔵されていました。


■フォトギャラリー

●Modulo仕様


●カットボディ車


●サイドリフトアップシート車


●ウルトラマン仕様ステップワゴン&ウルトラマン仕様スーパーカブ



今回は取材できた時間も少なく、まだまだ紹介しきれない部分も沢山ありましたが、ぜひお近くのHonda Cars のショールームにてご確認ください!


2005年5月に発表された3代目ステップワゴン、ステップワゴンスパーダの情報は、こちらのページからご覧下さい。
2003年6月に発表された2代目ステップワゴン(マイナーチェンジ)、ステップワゴンスパーダの情報は、こちらのページからご覧下さい。
2001年4月に発表された2代目ステップワゴンの情報は、こちらのページからご覧下さい。


Copyright (C) 2017 HONDANET All Rights Reserved.
ホンダネットは本田技研工業(株)が運営するサイトではありません